読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子宮頸がんは、SEXが好きな人がなる病気??

難波美智代です。

子宮頸がんで毎日約10人が亡くなっています。

 

ワタシが子宮頸がんになった、2009年10月頃は、病名さえよく知られていませんでした。2009年12月に日本ではじめて予防ワクチンが発売されてから名前が知られるようになったと記憶しています。だから、ブログで子宮頸がんのことをお伝えしたときに「実はワタシも子宮頸がんで子宮を摘出したけど、元気に過ごせています」とか「子宮がん検診にひっかかって、経過の観察中です」というたくさん女性たちの反響にはびっくり!!正直驚きました。

 

「こんなに身近な病気だったんだ」と。

 

このところの日本でいえば、ライフスタイルの変化から、結婚や出産の年齢があがり、子どもの数が減るなか、子宮頸がん、子宮内膜症子宮筋腫などの婦人科系疾患が増加しています。そして、少子高齢化や女性の活躍が国策として推進されるなか、特に子宮頸がんの増加は社会のおおきな問題にもなろうとしています。

 

・子宮頸がんは20~30歳代に増えている

・一年に約20000人が発症して、毎日10人ほどが亡くなっている。

・その原因のほとんどがSEXによるウイルス感染

・80%の女性が人生で一度は感染している

・たったひとりの性経験でも感染する可能性がある

・ワクチンを接種すればウイルスの約70%の感染は防ぐことができる

・感染してもすぐにはがんにならず、がん細胞に変化している状態を検診で見つけることができる

子宮頸がん征圧をめざす専門家会議指導者用パンフレットより一部改変)

 

いまでは「子宮子宮!」って、へっちゃらで言っているわけですが、ワタシでも最初は、言葉にすると気恥ずかしいというか・・女性として、どんなものなんだろうか(笑)と、すくなからず抵抗がありました。扱いづらい(デリケートな)問題だけに、誤解がおおくていやな想いもいっぱいしました。

 

SEXが好きなひとがなる病気でしょ?とか、とんでもないことを言ってこられる男性もいました。男性も関係あるのにね・・。はっきりいって間違ってますけど!

 

それゆえに、子宮の病気でただでさえ不安な女性たちが、ツラい気持ちを抱えたまま、誰にも相談できずに鬱々と過ごしているといいます。ちょうど、子宮頸がんで入院したことをニュースや雑誌で取り上げていただいたことがあって、ご相談のお電話やメールが殺到したことには、それを実感させられました。(術後まもない頃で、対応が充分でなかった方がいらしたら、ごめんなさい!)

 

気軽に「女性のからだ」を語り合う場面を増やしたい。強くつよくおもうのは、そんな経験からきているのかもしれません。

 

さて、アコヤ貝は、約10ヶ月かけて、美しく輝く真珠(Pearl)を育みます。女性のからだは、約10ヶ月と10日で、あたらしい奇跡のいのちを育みます。『Think Pearl(シンクパール)』では、女性の子宮をアコヤ貝になぞらえて、「子宮のことをかんがえよう!」というメッセージをこめて、子宮頸がんをはじめとする婦人科系疾患の予防啓発活動をしています。

 

女性たちが元気でシアワセに過ごせたら、未来がよい方向にむかっていくに違いない!と信じています。

 w/luv!mie

 

応援おねがいします!

難波美智代が代表をつとめるシンクパールは、「婦人科系疾患の予防啓発」を目的に設立された一般社団法人です。女性たちが「検診にいきやすい環境づくり」を、このブログとFacebookページを通じて考えていきたいと思います。活動にご賛同いただける方はぜひいいね!をお願いします。